・自走できるAI人材になるための長期コースと短期の研修(ディープラーニングハンズオンセミナー,機械学習実践コース)では内容が重複しますか?

Pythonの基礎の部分が重複します。

内容は以下のように異なります。

  • ディープラーニングハンズオンセミナー
    事前予習動画の内容にあるプログラミング、数学の復習をしながら実務で必要な環境構築から実データを用いた画像分類や9種類のカテゴリに文書を分ける文書分類の問題、時系列に特化したディープラーニングなどを現場で活躍する講師からハンズオン形式で学ぶことができます。本コース修了後には自らコードを実装する力、専門書を読み進める力が身につきます。
  • 機械学習実践コース
    機械学習の実装がメインです。また、約8種のデータセットを使ってデータの前処理を行い精度を向上させるための考察を行います。講義の中でも実問題と照らし合わせながら学習を進めることができるので、本コース修了後には実務に活かせる基礎的な力を習得することが可能です。
  • 自走できるAI人材になるための長期コース
    データセットを用いて機械学習の実装からディープラーニングの実装に加え、実務で必要となるデータ収集や整理やDockerを使った環境構築、アプリケーションに組み込むまでのAIプロジェクトの全行程を網羅したカリキュラムとなっております。数学やプログラミングの基礎から発展的な内容までお伝えし、最終的にはWeb上にアプリケーションを公開するところまで行います。

期間が長期コースでは6ヵ月、ディープラーニングハンズオンセミナーや機械学習実践コースは3日間となります。

 

その他、ご不明な点やご質問などございましたら下記までお問い合わせください。

support@kikagaku.co.jp